【TOTO】おそうじ浴槽の実力はいかに?!

2022年3月31日

今回は最新の住宅設備についての情報を。
変わり種オプションの「おそうじ浴槽」についてご紹介します。

自動でお風呂を掃除する夢のアイテム、その実力はいかに?


・「おそうじ浴槽」って?
・使い勝手はどうなの?
・お値段は?
・まとめ

おそうじ浴槽ってどんなもの?

おそうじ浴槽というのはその名の通り、浴槽をお掃除してくれるという
お風呂の自動洗浄機能です。

フタをした状態でポチッと洗浄ボタンを押すだけで、
浴槽の中を自動的に洗ってくれます。

毎日のお風呂掃除から開放されるという、夢のようなオプション。
自動化もついにここまで来たかと感心しますね~。

2020年現在、ノーリツとTOTOで取り扱いがあり、
私はTOTOのサザナという製品に取り付けました。



・使い勝手はどうなの?

控えめに言ってもサイコーです。

お風呂から上がってすぐに洗浄ボタンを押せば、
ザラっとかヌメッとした浴槽の汚れは、翌日にはほぼ感じないくらい洗浄されます。

2週間に一回は手洗いする事を推奨されてますが、実際にはほとんど掃除しなくてもいいぐらいです。
(この辺はキレイ好きかどうかにも寄りますね)

まだ浴槽も新品だからというのも、あるかもしれません。

洗剤は花王のマジックリン黄色が推奨されており、近所のスーパーでも補充は可能。

1回あたり20mLほど使用するみたいです。(近所のスーパーで330mLが150円でした)
水道代と洗剤代は一回あたりの掃除で20円ぐらいでしょうか。

浴槽自体はFRPではなく人工大理石にしておく方が汚れ落ちが良いそうで、
私は人工大理石の浴槽にしたのですが、私の知人はFRPでも満足してますので、
それほど気にしなくて良いかも。

ちなみに床ワイパー洗浄というオプションも付けてます。
次亜塩素酸水を床に向けて高圧で吹く、という機能です。
床の汚れをさらってくれて、除菌もしてくれるとのことです。

汚れを洗い流してくれるという点は嬉しい機能ですが、
除菌力はそれほどでもなく、床がピンクになる汚れ(いわゆるピンクカビ)を抑えることはできませんので、
過度な期待は禁物です。

この次亜塩素酸水は電気分解で作られており、半永久的に使えるそうです。

上述のおそうじ浴槽のボタンをポチッと押すだけで床ワイパーもやってくれるので、
とても楽ちんです。

・価格    

TOTOのサザナという標準のお風呂に取り付けてますが、
浴槽洗浄・・・+15万
床ワイパー・・ +5万
エコキュート高圧化・・・+3万
という事で、合計23万ぐらいになりました。

エコキュートだと高圧化が必要なので、
直圧タイプの日立製などを使うと良いかもしれません。

私はミサワホーム経由で見積もってもらったところ、
パナソニックのエコキュート高圧タイプにする方が安かったです。

コスパですが、これは評価の分かれるところで、
20年ぐらい故障せずに動いてくれたとして、月額1000円ぐらい払っている事になります。
なんとも絶妙な価格設定ですねぇ。

20年もちゃんと動いてくれるのか、この不安だけは大きいですね。
今後もっと普及してコストが低くなることを期待したい商品です。

・まとめ

ズボラな私としては、お風呂掃除から開放されるという、
満足度の高いアイテムです。

洗剤と水圧だけで浴槽のザラつきなんて取れるんかいな、と思ってましたけど、
使用から2ヶ月経過した時点では、
表面がキュキュッとするぐらいまで汚れは落ちます。

まだ出たての製品なので少し割高感がありますが、
それでも付けて良かったと心の底から思える商品です。

満足度は95点ぐらい。
個人的には超オススメ商品です。

さらに詳しい情報を知りたい方は→TOTOホームページで

また、お風呂本体(TOTOのサザナ)についてのレビューはこちらで↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花王 Kao バスマジックリン 業務用 4.5L【rb_pcp】
価格:1680円(税込、送料別) (2021/6/7時点)