流行りの家【統計とってみた】

2022年1月19日

今回はちょっとご近所の家々をちょっと集計してきました。

私の家は新興分譲地に建ててまして、
区画内20件程度の家がここ3年以内に建てられた家という事になります。
(2021年時点。まだ空き地もありますけど。)

見た感じでは概ね延床30~35坪の家がほとんどです。
(中には二区画購入して大きい家を建てた家もありますが)

今回はそんな2018年以降に建てられたご近所さんの家の統計を取って、
最近の家の流行りを見てみようという企画になります。


屋根の形は?

まず、世間一般の統計では、切妻4:片流れ3:寄棟2
ぐらいの統計値らしいです。

しかし、我がご近所ではかなり片流れが人気で、
それ以上に寄棟離れが顕著でした。

まあ大きい家は少ない区画なので、寄棟を選ぶ方は少ないようでした。

太陽光付けてる?

少し雪の降る地域で採算も取りにくい事もあってか、
太陽光パネルを付けている家は少なめでした。

売電価格は下がる一方ですし、
もう少し補助金等で推進してくれないと付ける人は減っていきそうですねー。

不明としているのは、
片流れの屋根で、屋根の向きが道路に向いてないため確認できなかったパターンです。

屋根の材質は?

やや瓦が多めのようですが、
ガルバリウム屋根も結構多く、近年人気があるというのが見て取れます。


外壁の色は?

グレーは主観で白系or黒系に分けています。
全体的に濃い色の家々がやや多いですね。

カッコよさに加え、
汚れの目立ちにくさも狙っているのかな、と推察しております。

外壁の種類は?

これはコスパ重視のサイディングが多かったですね。
外壁をガルバリウムにするのは、ちょっと珍しいようです。

家の方向性

これは完全に主観になりますが、
正統派の家と狙ったデザインがありそうな家が半々という結果に。

特に片流れの家では若々しくてカッコいい家が多いです。

外構タイプは?

何をもってオープンなのかセミクローズドなのか、かなり主観になります。

セミクロとクローズドを合わせると、だいたい半々ぐらいという結果に。

土地の向きに依存している傾向があるようでした。
(オープン外構は南向きの家が多かったです)

植栽入れてる?

これまた半々ぐらいという結果に。
植栽てんこ盛りの家もあれば、少しだけという家も有りました。

天然芝vs人工芝

さすがに天然芝派は少なめ。
ノーメンテですむ人工芝が人気でした。


というわけでご近所さん統計の結果でした。
最近の家の流行が少し見えてきましたでしょうか。

ちなみに住んでいる住人の年齢層は30代が多そうで、
子育て世代の住宅地という感じ。

全国統計と比較すると、カワイイ系、スタイリッシュ系などの
ちょっと若い感性のお家が多いかもしれません。

好評でしたらまた第2回も企画してみようと思います。

〇〇について調査して!というリクエストがあれば、
ツイッターかコメントに記載してもらえると嬉しいです。